ホーム>Lesson Blog>2016年2月

2016年2月

2月のTeddy Bear

このクラスすでに聴き読みの時間がありますが、新入会の方は、その時間を利用してB.B.カードの絵カードを見ながら

CDを聴いて先生と一緒に練習します。それぞれの英語力に合わせたことをします。

 

Teddy Bearのレッスン日記、あれよあれよとうろうろしている間にこんなにもたまってしまいました。

1/29まで2/19まで一気に書きます。レッスンの様子を気にしてくださっている保護者の方お待たせしました。

5年生の男子が他の曜日に移り、2/19には現1年生の男子を新しく迎えました。

 

 

1月29日(金) Teddy Bear (小1~小5 B.B.歴2年目+B.B.歴1年未満)

小5の男子は今日でお別れです。

music 聴き読み High-Frequency Readers / Sight Word Readers

   持ち帰り2パックの子はどんどん先に進みます。

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆ビンゴ ♦  手箱のbody=動詞(句)

 ダイナソーの動詞カードをめくって読む。

 皆で考え、全員裏返す。

☆波乱万丈  グラマーカードのQカード9枚/ Say~(指定されたB.B.カードの文を言う)

  役カードを引いても質問に答えられたら出さなくてよい。×の時は出す。

  先生が引いたときは、答えた人がもらえる。

グラマー質問カード

 

2月5日(金) Teddy Bear (小1~小5 B.B.歴2年目+B.B.歴1年未満)

music 聴き読み Sight Word Readers/High-Frequency Readers

pencil Play Book A Winter 数の単語の読み

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆カルタ取り ♦字1セット ♦絵2セット

 合体文で先生役をやってもらったら、ちょっと早かったようでした。

☆ビンゴ ♥ センテンスの動詞だけ読んだり、日本語文を言ったり。

 意味取りの声かけが日本語文になることに今まで気づいていなかったようです。

 

 

2月12日(金) Teddy Bear (小1~小5 B.B.歴2年目+B.B.歴1年未満)

music 聴き読み Sight Word Readers(SWR)/Cambridge Storybooks(CSB1)

   CSB1は、録音が一度だけなので あっけなく終わってしまい、物足りなさそうです。

pencil Play Book A Winter

   聴き読みの作業が終わった子から、他の子が終わるのを待っているのは時間が

   もったいないから、できるページを進めています。

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆予想的中

  heartちゃんのカードが絵カード字カードバラバラになっていて使えないので、波乱万丈の

  代わりに128枚読み上げることにしました。ゲームらしくするために、始める前に

  「私は、〇マークを一番多く集めます。」と宣言します。予想通りだったひとが勝ちです。

  絵カードは手元にマーク別に並べます。字カードは中央にマーク別に重ねていきます。

☆Save the 1 ♦ダイヤ

 

2月19日(金) Teddy Bear (小1~小5 B.B.歴2年目+B.B.歴1年未満)

今日から現1年生の男子が参加、偶然にheartちゃんと知り合いでした。

music 聴き読み Sight Word Readers(SWR)/Cambridge Storybooks(CSB1)

 先輩たちが聴き読みをしている間、新人君はB.B.カードの家での練習の仕方を

 練習します。これも聴き読みかな。

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆基本ビンゴと頭脳ビンゴ   ♦絵+グラマーカードの質問文

  どのカードのことかすぐにわかるので、全文を言い始めるが、質問の答え方を練習。

  新人君も基本文を聞けばどのカードかほぼわかるよ。

☆波乱万丈 ♥♣♠  役はハート

 

クリックお願いします。ランキングにご協力ありがとうございます。

ブログ村

 

 

一言でもいいのよ

B.B.カードを使ってするゲームのルールは、そのたびに少しづつ換えているものもああります。

以前にカルタ取りをしたとき、ビンゴのようにカードを並べて自分のカードを取ったことがあります。

今日は久しぶりに通常のカルタ取りをしようと思ってテーブルにバラバラにカードをばらまきました。

「自分のカードを取るんだよ。他の人のはとっちゃいけないんだよ。」と言ってる子がいて、ゲームの

ルールを説明する出鼻をくじかれてしまった。まぁ、それはそれでとった枚数に差が出ないから自慢も

不満もなくていいですが。

 

1月28日(木) Puppy  (年中~小1 B.B.歴1年未満)

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆カルタ取り ♦3セット

  人数+1セットにしなかったのも、思い込みの原因かもしれない。

  お手付きは厳しく。先生1回、みんなで1回は守りましょう。

☆基本ビンゴ  ♠スペード

☆頭脳ビンゴ  ♠スペード

 絵を見せないで音だけ、英文を言うだけでやってみた。

☆波乱万丈 ♦♥♣

  一緒に声が出るまで何度も繰り返し言い続けた。

  それを見て笑う子がいたが、その子が英文を言うまで言い続けた。

scorpius ゲームごとにチップをあげたけれど、あえて合計ポイントは聞かなかった。

   このクラスは、得点を明らかにしないほうがよさそうです。

 

2月4日(木) Puppy  (年中~小1 B.B.歴1年未満)

heartspade<B.B.カード>diamondclub

☆波乱万丈 ♥♣♠  役はハート

波乱万丈+字

☆ノーリーダービンゴ  ♦ダイヤ  絵と音の結びつき。

  絵から英文を思い出す練習です。

  なかなか声が出ません。一言でもいいのよ、が伝わっていないのかな。

 

book 紙芝居 バレンタインデーはチョコレートの日ではありません。

        ステラちゃんが自分を愛してくれる人々に、感謝と愛を伝えるお話です。

バレンタイン紙芝居

  

クリックお願いします。ランキングにご協力ありがとうございます。

ブログ村

 

 

 

 

Piggies と ハートのキャタピラー

2月の絵本は ”Piggies”です。指先に豚がいるという発想が楽しい絵本です。

日本語でいう『スマート』と英語の『smart』の違いや他の形容詞にも触れます。

ハートのキャタピラーでバレンタインカードを作りました。

バレンタインデーはチョコレートの日じゃない!ということでチョコレートのプレゼントはありません。

 

2月6日(土) 親子絵本土曜クラス (年長・年中)

☆リードアラウド ”Piggies”

☆Let's Find 1-2-3 

  good / hot / cold

art 両手を広げた絵の指先に好きなものを描く

   I've got 〇〇.    camera写真撮るの忘れたshock

 

2月13日(土) 親子絵本土曜クラス (年長・年中)

☆リードアラウド ”Piggies”

hairsalon バレンタインカード 

ハートのキャタピラー

 バレンタイン紙芝居 紙芝居 バレンタインデーは好きな人に愛と感謝を伝える日です。

 

クリックお願いします。ランキングにご協力ありがとうございます。

ブログ村

  

グラマーカードビンゴ

B.B.カードの上級ともいえる補助教材、中学で学習する文法事項に重点を置いたB.B.グラマーカードが

あります。動詞の活用形のそれぞれの働きに焦点を置いた文章カードで、イラストや文章にはB.B.カードの

キャラクターたちが登場します。基本的には、B.B.カードと同じようにゲームで遊んで使います。

といっても、絵カードと文章カードに分かれていません。B.B.カードのようにカラフルな絵カードを見ながら

文章を繰り返しているうちに覚えるのではなく、カードを裏返して、音だけで文章をリピートします。

これはなかなか手ごわいですね。

 

1月21日(木) Piglet 

music 聴き読み OER:Orion Early Reader

house 宿題 Piglet は ”Horrid Henry”  他はMish Mash Hash など

heartspade<B.B.カード>diamondclub

★文構造の線引き  ♦ダイヤ

  Piglet にとっては復習。線引きのしてない教室のカードを使用。

  スラスラできてしまうので、発言を封印。

★上upで線引きしたものを、文型別に分ける。

  手箱と色の関係。手箱の手の位置。

  S+V+緑(フレーズ)は第一文型と気づく。

 

1月28日(木) (小5 B.B.歴4年目+転入生B.B.歴1年未満)

music 聴き読み  Jack and Jill シリーズ Level2~3

house 宿題 OER:Orion Early Reader  ”Horrid Henryシリーズ” から

heartspade<B.B.カード>diamondclub

★花札ゲーム  ダイナソーカード

 主語「I」カードを混ぜてみたが、使い方がよくわからなかったのか残った。

 4枚そろったものを文に並べた⇒主語を「I」に変えられるか検証。

★ビンゴ  グラマーカード

 必死に文を読もうとする。裏返してから音だけでリピートするのは難しい。

 そのうちなれるでしょ。

グラマーカードビンゴ

★カルタ取り ♦♥♣♠ 全マーク64枚

 2枚合体文で出題を順番に。

 合体に自信がないから、2枚目が声が小さくて聞こえない子。

 最後まで聴いてリピートする癖がついているから、聞こえないからと取らない子。

 主語が聞こえたから、あとは何を言ったかわからなくてもカードを取る子。

 

クリックお願いします。ランキングにご協力ありがとうございます。

ブログ村

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ