ホーム>News>2011年

2011年

先生向けBBカード講座2012年日程更新しました。

★入門講座

  2月19日(日)13:00~16:00

  8月5日(日)13:00~16:00

  11月18日(日)13:00~16:00

★Basic CourseⅠ

  1月15日(日)10:00~15:00

  4月22日(日)10:00~15:00

  9月30日(日)10:00~15:00

★Basic CourseⅡ

  5月13日(日)10:00~15:00

  7月15日(日)10:00~15:00

  12月2日(日)10:00~15:00

 

*このほかに日程のリクエストお受けしています。

 

 

先生向けBBカード講座2012年日程更新しました。

★入門講座

  2月19日(日)13:00~16:00

  8月5日(日)13:00~16:00

  11月18日(日)13:00~16:00

★Basic CourseⅠ

  1月15日(日)10:00~15:00

  4月22日(日)10:00~15:00

  9月30日(日)10:00~15:00

★Basic CourseⅡ

  5月13日(日)10:00~15:00

  7月15日(日)10:00~15:00

  12月2日(日)10:00~15:00

 

*このほかに日程のリクエストお受けしています。

 

 

test

test2

test

testtesttest

多読と多聴について

多読は、読んで字のごとく、やさしい本をたくさん読むことで英語力をアップする方法です。
多読3原則を守りながら、容器に水をためるように、体の中に英語をたくさんインプットします。

多読三原則

  1. 辞書はひかない。
  2. わからないところはとばす
  3. 読むのが辛くなったらやめるか、あとまわし

ORT(Oxford Reading Tree)のステージ1の1ページ1~2語の本からスタートして、英語の語順に慣れます。わからない単語があった時、そこで立ち止まらずに読み飛ばすことに慣れます。
辞書を引かないでも読める本を読みます。ストーリーがわからなくなったり、つまらなくなったら、がんばって読み続けないでよいのです。同じレベルでも、好みによって読みやすいもの、読みづらいと感じるものもありますが、無理をしないで好みにあったものを読みましょう。
まずは100万語を目指して、ストーリーを楽しみながら読み進めます。

多聴は、音声を聞きながら書かれている文字を目で追っていく聞き読みからはじめましょう。
聞くのが主体です。話の流れや語調、雰囲気を感じ取り、耳を英語のリズムに慣らします。
日本語に訳さず聞こえた順に受け取ることに慣れます。シャドウイングも効果的です。
いきなりシャドーイングをするのが難しい場合は、音声を聞きながら書いてある文を声に出して読みます。
シャドーイングは聞こえてくる音声を再生する練習方法です。
自分にあったやり方でリスニング力、発音を強化します。

多読と多聴は別々に独立したものではなく、相互に作用しあって効果をあげます。
こんなにやさしい本と馬鹿にしないで、「どんどん読めること」が楽しくなりますよ。

HP 024.jpg
HP 002.jpg
多読用本棚.jpg

レッスン

クラス構成

クラスは学年で輪切りにせず、異年齢で構成しています。
年齢なりの気づきがあり、(視点)目線の異なる気づきを共有することで視野が広がります。
年上の子に勝って自信を持ったり、年上の子はがんばらなきゃと奮起したりお互いに影響しあって子供たちの学習意欲を高めます。

レッスン内容

幼稚園小学生クラス 中学生クラス
英語多読 親子絵本クラス

レッスン内容

幼稚園・小学生クラス

youchiensyougakusei.jpgBBカードを使って、ゲームで遊びながらリスニング・発音・読み書きを無理なく学習していきます。

BBカードの64文を、ゲームで遊びながら何十回、何百回と繰りかえしているうちに、韻を踏んだリズミカルなセンテンスはごく自然に口をついて出るようになります。

誰が?どうしたの?何を?いつ?などの先生の質問や答えを聞いているうちに意味もわかるようになります。

ゲームに夢中になっている間に、みんなのちょっと苦手な発音や英文法などを楽しく効率よく身につけていきます。

学習1~2年目はたくさん聞いて、たくさん声に出すにことを中心に進めます。
学年によって、学習2・3年目から字カードやTime for Writing を使って、読み書きに本格的に取り組みます。
文法の確認、作文の練習をします。
ORT(Oxford Reading Tree)やその他の絵本を使って、リードアラウド(音読)することで気持ちをこめた表現ができるようになります。絵本を音源付きで貸し出します。蔵書は2000冊以上あります。

 

中学生クラス

tyugakusei.jpg

BBカードと多読で応用力を身につけ総合力が向上するよう指導します。
中学から入会した生徒もBBカードの64文を口ずさむことからはじめます。
中学3年間で習う文法事項をBBカードで言い換え、書いて確認します。

教科書の音読、リーディング本を音読しながら、英語の語順で内容を理解する精読をする一方で、朗読CDを聴きながらCDと一緒に発音するパラレルリーディングでリスニング力をアップします。

多読用リーディング本を貸し出し、本格的に多読を始めます。やさしい本をたくさん読むことで語彙も増え、長文読解にも役立ちます。

中学卒業時には 英検3級~準2級を取得して卒業します。高得点での合格を目指します。


英語多読Reading Room

辞書を引かずに読めるやさしい本をたくさん読んで英語力をあげていくクラスです。
多読三原則を守りながら、100万語を通過点にペーパーバックをめざして読み進めます。
自分の読みたい本を目指して!蔵書は2000冊以上。

多読三原則

  1. 辞書はひかない。
  2. わからないところはとばす
  3. 読むのが辛くなったらやめるか、あとまわし

オープン日に来て教室で集中して本を読む、選んだ本を自宅に持ち帰って読みます。
細切れ時間を利用して、毎日読むのが力を伸ばす秘訣です。
大人(中学生以上)にも英語読書の楽しみを知ってもらい、楽しんでもらいたいと願っています。
希望者に個別に音読・発音指導もします。

親子絵本クラス

絵本を使って親子で楽しく英語を学ぶクラスです。

大人も子供も読んでいてあきない、日常的に使える英語表現が盛りだくさんの楽しい絵本を使います。
大人と子供が一緒に、絵本を何度も繰り返し声を出して読む(リードアラウドする)うちに、発音・語彙・豊かな表現力が身につきます。
お母さんの英語力も向上します。

リードアラウドに適した絵本、翻訳されているおなじみの絵本やORT(Oxford Reading Tree )などを使います。

oyako.jpg

英検について

booki.jpg英検は合格ラインすれすれの得点でも、高得点でも『合格』です。
Sunlight English Club では、高得点での合格を目指します。

イベント (年間行事)

イースター

イースター絵本とたまご.jpg

春休み明けの4月にはイースター特集のレッスンをします。

イースターにちなんだ絵本を読み、カラフルな卵を使ったゲームを楽しみます。

4月スタートの新クラスは、初顔あわせのお友達とも打ち解けます。

ハロウィン

HP 013.jpg

10月はハロウィン月間、レッスンは毎回ハロウィンをテーマに進めます。

オリジナルの絵カードを描いたり、ミニ絵本を作ったり、絵本のリードアラウドなど。

10月最後のレッスン日はお友達を招待してハロウィンパーティ。

仮装したり、ゲームをしたり、Trick-or-Treatでお菓子をもらって楽しみます。

HP 001.jpg
HP 010.jpg
HP 015.jpg

クリスマス

HP 008.jpg

12月の最後のレッスンはクリスマス会。

生徒自身が描いたオリジナルカードでカルタ取りをしたり、クリスマスソングを歌ったり。

ピンチゲームをしてキャラクターをたくさん集めて遊びます。

Happy Reading Day!

book.jpg

春・夏・冬のお休みを利用して、集中して本をたくさん読む日です。

普段貸し出しできない本やシリーズ物をまとめて読みます。

オープン時間中は出入り自由です。

詳しい日時はそのつどお知らせします。

保護者参観日

11月。日ごろのレッスンの様子を、成果を、保護者の方に見てもらいます。

質問・疑問にお答えします。レッスン参観は、お申し出があればいつでも可能です。

スクラップブック

生徒の描いた作品やワークシートなどを、スクラップブックに保存しています。

成長の過程が手に取るようにわかります。生徒自身も自分の成長を確認できます。

Ms Miura プロフィール

こんにちは!

Sunlight English ClubMs Miura(ミズ ミウラ)です。

イギリスから帰国し、英語教室を開いてから30年以上がたちました。
まだまだ元気いっぱいで、子供たちのパワーにも負けません。

どうぞよろしくお願いします。

profile.jpg

 

  根岸(現在地)に生まれ育ち、根岸小学校、忍岡中学校、忍岡高校にて学びました。
獨協大学外国語学部英語学科卒、中学・高校英語科教員免許取得
1976年 OL生活後、一念発起して英語力のブラッシュアップのためイギリスへ。
1年3ヶ月の英語研鑚を終え、帰国。
1979年 幼児・児童を対象とした英語教室を現在地にて開設。
このころBBカードと出会いましたが、指定教材があったためやむなく使用を断念。
転居及び育児のためやむなく一時教室閉鎖。
休業中、さまざまな教材、教授法を学び、研究しました。
お休みしている間に、子供とお友達にBBカードでレッスンを開始しました。
親の介護のため、現在地に再び転居。
多読を知り、むさぼるように英語読書をし、その効果を実感しました。
2001年 BBカードをメイン教材にした教室を現在地にて再開。
2004年 読み聞かせ、多読を行っている英語教室として、「親子で始める英語100万語!」(日本実業出版社)に紹介されました。
2006年 BBカードへの理解度・指導実績を認められBBカード指導者養成認定講師(通称BB認定講師(SELM)となりました。
経験を生かし、英語教室の先生を対象にBBカード入門講座、B.B. Method Basic Course、BBカード勉強会を主催しています。
2010年~現在 マッピングで広がる英語教育 文法編/英語圏の国の各種行事編受講
指導者向けリードアラウド・ワークショップ受講
日本多読学会やリードアラウド研究会、SELM主催のワークショップで日々研鑽にいそしんでいます。マッピングと児童英語などその他のセミナーにも積極的に参加して、新しい情報の入手、向上に努めています。
資格
  • 英検準1級
  • 日本多読学会会員。
  • 元新宿区立小学校英語講師(希望者クラス)
  • 元英会話スクール講師(大人のクラス)
  • 元公文研究会アシスタント
  • 元中・高生の家庭教師

幼稚園・小学生クラス

youchiensyougakusei.jpgBBカードを使って、ゲームで遊びながらリスニング・発音・読み書きを無理なく学習していきます。

BBカードの64文を、ゲームで遊びながら何十回、何百回と繰りかえしているうちに、韻を踏んだリズミカルなセンテンスはごく自然に口をついて出るようになります。

誰が?どうしたの?何を?いつ?などの先生の質問や答えを聞いているうちに意味もわかるようになります。

ゲームに夢中になっている間に、みんなのちょっと苦手な発音や英文法などを楽しく効率よく身につけていきます。

学習1~2年目はたくさん聞いて、たくさん声に出すにことを中心に進めます。
学年によって、学習2・3年目から字カードやTime for Writing を使って、読み書きに本格的に取り組みます。
文法の確認、作文の練習をします。
ORT(Oxford Reading Tree)やその他の絵本を使って、リードアラウド(音読)することで気持ちをこめた表現ができるようになります。絵本を音源付きで貸し出します。蔵書は2000冊以上あります。

授業料

幼稚園     週1回50分 月5,000円×12回
小学生初級  週1回60分 月6,000円×12回
小学生上級  週1回70分 月7,000円×12回
 

*クラスは異年齢で構成しているので、都合で幼稚園生が小学生クラスに入る場合は小学生料金です。

入会金 5,000円
年会費 5,000円
教材費 実費

BBカードを使う幼・小・中クラスは入会時に購入
BBカード 4,800円+税、布製カードケース 1,450円+税

レッスン回数

幼稚園・小学生・中学生のレッスンは年間42回が基本です。
行事、曜日や休日の関係で毎月同じ回数ではありません。
8月は2回、その他は平均して月3~4回になります。
イベントの時は、合同クラス、時間延長の場合があります。

ページ上部へ